潟Oライコテクニカ

バイオマーカー探査とスクリーニング

糖鎖バイオマーカー探査の戦略論については、産総研)糖鎖医工学研究センターの成松先生らの書かれた論文が非常に参考になります。そのパイプラインについては、下記の通りですが、レクチンマイクロアレイを用いることのメリットは、GlycoStationの高感度とハイスループット解析にあります。特に、微量なマーカーを探査する上においては、その感度は非常に重要であり、数‘mL量の血清サンプルなどよりスクリーニングできることが必須条件となると思われます。特に、抗体オーバーレイ・レクチンマイクロアレイ法は有効であり、既に幾つかの応用例が公表されております。

糖鎖バイオマーカー探査とスクリーニングのパイプライン

IGOT LC-MS法 は、N-型糖鎖が結合した糖タンパク質を完全同定できる手法であり、レクチンによる糖ペプチド捕獲と、その糖鎖結合サイトへの選択的な同位体ラベリングを組み合わせています。

糖鎖プロファイリング(糖鎖解析)商品

GlycoStation™は、Glycostation™ Reader 1200 (エバネッセント波蛍光励起・洗浄フリー・スキャナー)、 LecChip™(レクチンマイクロアレイ)、および GlycoStation™ Tools Pro (糖鎖解析ソフト)からなる糖鎖プロファイリング(糖鎖解析)システムです。詳しい商品情報は、弊社ホームページの商品説明ページをご覧下さい。 なお、弊社では、 糖鎖解析受託サービスを承ります。宜しくお願い致します。

お問合わせ

お客様からいただく情報は、弊社からの回答、情報提供等に使用させていただきます(詳細は個人情報についてを参照下さい)。

土曜日、日曜日、祝日、年末年始ほか弊社休業日にいただいたお問合せについては翌営業日以降の回答となりますのでご了承下さい(10日間経過後も回答がない場合は再度のお問合せをお願い致します) 。

メールでのお問い合わせ

専用フォームメールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

潟Oライコテクニカ、横浜技術研究・製造室
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-3-3
TEL:045-913-5803, FAX:045-511-8570

▲このページのトップへ